べっぴん+美養食総合プログラム

Home > べっぴん+美養食総合プログラム

べっぴん+美養食総合プログラム


「マクロビオティック栄養学」と「現代基礎栄養学」を融合した、独自のプログラムです。
実践的な理論と食事法の両面から深く学ぶことができます。
今の自分の食を見直したい方、料理が上手になりたい方、料理のレパートリーを増やしたい方、料理を仕事としたい方など、
幅広い層の方におすすめします。授業は約3時間の実践参加型。
授業前半は座学スタイルで、東洋栄養学と西洋栄養学をベースとし、毎回テーマに添って詳しく解説します。
居心地の良いバランスの取れた、カラダとココロを作るための基本栄養学が身につきます。
後半の調理実習では、食材・調味料の選び方、食材の切り方、材料の使いこなし方の他、
自分の体調に合わせた季節の調理法を学びます。数種類の料理を、受講者みんなで協力して作ります。
また、受講者の確実なレベルアップのための、受講者ひとりひとりへのサポート体制も充実。
栄養学・マクロビオティックの有資格者が丁寧に指導します。アレルギーなど特別なお悩みについても、
深い知識を持つスタッフが、ひとり一人の悩みに合わせてアドバイスします。

べっぴん+美養食総合プログラムで扱う料理や食材について

コース


BASIC(初級クラス・全6回)

当コースでは、100%植物性食材を使って調理を行います。主に野菜・海藻・乾物・穀物・大豆製品をたっぷりと使用し、デトックス力に優れたメニューを楽しく学ぶことができます。また、玄米の炊き方や、おいしい出汁の取り方、野菜のうまみを最大限に引き出すための、「重ね煮」「ウォーターソテー」といった調理法などを、知識に長けた講師陣が丁寧に指導します。
 詳細を見る 

MASTER(中級クラス・全6回)

100%植物性食材を使った調理を行います。
野菜・海藻・乾物・穀物・大豆製品をたっぷり使った、デトックス力に優れた料理を学びます。
 詳細を見る 

ADVISER(上級クラス・全6回)

BASIC(初級クラス) ・MASTER(中級クラス)で学んだ食材選びに加え、動物性食品も取り扱います。
どんな食事でも楽しめるよう、植物性食品・動物性食品の上手な組み合わせ方を学びます。
 詳細を見る 

 


調味料について
当プログラムでは、厳選した日本の伝統調味料を使用します。
その他の調味料についても、良質な製品を選んで使用します。なお、受講生の方がご家庭でも使用できるよう、
キッチンスタジオでの販売や通信販売も行っています。


食材について
・玄米や雑穀は、生産者の方と直接お話をして、信頼できる良質なものだけを扱います。
・野菜については、有機野菜を扱います。また、 「地産池消」の考えから近隣の生産者の方とのつながりを大切にし、
地場の野菜を積極的に取り入れています。
・玄米・雑穀・野菜については「一物全体」の考えに基づき、基本的に料理には皮ごと使用しています。(例外もあり)